三井住友銀行カードローン

安心の銀行キャッシング※三井住友銀行カードローン申込みはコチラ

三井住友銀行カードローンを申し込む前に・・・

三井住友銀行カードローンは大手メガバンクなので、キャッシングを申し込むには安心感があります。銀行カードローンですが、審査も早く、最短即日で借入することも可能なので、大変人気の高いカードローンです。

 

ただし、銀行カードローンなので比較的審査が厳しく、誰でも借りれるというワケではありません。審査に少しでも不安がある方は、プロミスをおススメします。何故かと言うと、プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスという会社名ですが、親会社は三井住友フィナンシャルグループで、三井住友銀行も同じなのです。

 

プロミスの場合、銀行グループ系の金融機関のため、三井住友銀行カードローンを申し込むよりも審査のハードルが少し低めになります。万が一、審査に不安があるようであれば、まずは同じグループ会社で安心の、プロミスに申し込んでみましょう!

 

その他、人気の高い金融機関をピックアップし、商品内容を比較しています。カードローンを申し込むときには必ず他のカードローンとの違いを確認し、出来るだけお得に、安心に、確実に借りれるところから申込みをしましょう。

 

三井住友銀行カードローンと他社のカードローン【比較表】

  三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
プロミス
プロミス
アコム
金融タイプ 銀行系 銀行系 消費者金融系 消費者金融系
信用情報機関 KSC、CIC、JICC KSC、CIC、JICC CIC、JICC CIC、JICC
融資限度額 10-800万円 10-500万円 1-500万円 1-500万円
実質年率 4.0-14.5% 4.6-14.6% 4.5-17.8% 4.7-18.0%
審査スピード 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日
申込み年齢 満20歳以上満65歳以下 満20歳以上65歳未満 満20歳以上満65歳以下 20歳以上69歳以下
専業主婦の借入 ×(収入のある主婦はOK) ×(収入のある主婦はOK)
使用可能なATM E-net,ローソン,セブン銀行,ゆうちょATM,提携金融機関のATM 三菱東京UFJ銀行、セブ銀行、ローソン、ファミマ、ミニストップ、セーブオン、サークルK、スリーエフ、サンクス プロミスATM、セブン銀行、ローソン、ファミマ、ミニストップ 楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、アコム、セブン銀行、むじん君、イオン銀行、ローソン、ファミマ、ミニストップ
収入証明書 300万円まで不要 100万円まで不要 希望の借入額が50万円を超える方/希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える方 希望の借入額が50万円を超える方/希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える方
特記事項 大口融資可能 カード発行まで最短40分 30日間無利息期間有り 審査スピード最短30分
詳細

三井住友銀行カードローンについて

三井住友銀行のカードローンは最短30分審査で、最短即日融資可能なカードローンです。契約極度額は最高800万円(10万円単位)です。極度額300万円以内の申込なら、収入証明書の提出も不要です。借入利率は、年4.0%〜14.5%で、契約極度額に応じて異なります。たとえば極度額が100万円以下の場合は年12.0%〜14.5%、100万円超200万円以下の場合は年10.0%〜12.0%、200万円超300万円以下の場合は年8.0%〜10.0%、600万円超700万円以下の場合は年4.5%〜5.0%、700万円超800万円以下の場合は年4.0%〜4.5%などとなります。

 

三井住友銀行カードローンに申し込みができるのは、申込時の年齢が満20歳以上満65歳以下で、原則安定した収入のある方です。申し込みはパソコン、モバイル、ローン契約機、電話、郵送(メールオーダー)窓口、SMBCダイレクトからの申し込み等の方法があります。即日のカード発行を希望する場合は、カードの受取をローン契約機で行ってください。使いみちは事業性資金以外なら原則自由です。

 

三井住友銀行カードローンの契約期間は5年毎の自動更新です。返済日は毎月5日、15日、25日、月末から選択できます返済方式は残高スライド方式ですので、約定返済時の借入残高に応じて約定返済金額が変わります。たとえば、約定返済時の借入残高が50万円以下なら、返済金額は10,000円、50万円超 100万円以下なら15,000円、100万円超 150万円以下なら20,000円等となっています。返済は、三井住友銀行本支店ATM、@BANK、イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょATM等でできます。また、カードローン口座への振り込みによる返済もできます。その場合、銀行振込の際の振込手数料は有料です。口座振替による返済は、三井住友銀行に口座を持っていればできます。口座振替にすると指定の口座から毎月自動引き落としで返済ができます。口座振替にするには、カードローンの返済用預金口座に指定する手続きが別途必要になります。

 

利用はローン専用カードでの借り入れの場合は、三井住友銀行のATMや@BANK、ファミリーマート等に設置されているイーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょATM、提携金融機関のATMなどで利用できます。なお、提携金融機関のATMを利用の場合、提携金融機関所定の利用手数料・時間外手数料がかかります。極度額の増額は、電話、またはローン契約機で手続きをすれば、最高800万円まで増額可能です。ただし、所定の審査があります。

 

また、すでに所有している普通預金口座を返済用預金口座とした場合、自動融資のサービスを受けることができます。自動融資サービスとは、返済用預金口座の残高不足により、公共料金、各種クレジットカード利用代金、その他の各種自動払いサービスの引き落としができない場合に、不足金額をカードローン口座から自動融資(バックアップ)する便利なサービスです。なお、自動融資(バックアップ)の申込は、三井住友銀行本支店の窓口、またはローン契約機(ACM)での手続が必要になります。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ